Read more
GeoTechnologies

ニュース

日本初、圧倒的なスピードとピンポイント精度で人々の意識調査ができる 「トリマリサーチ」クラウドサービスの提供開始。選挙区ごとの世論調査など、10万件を超えるアンケートを翌日に回収可能

M2Eアプリ「トリマ」を活用して、ジオテクノロジーズ単独で調査から回収まで実現

ジオテクノロジーズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 CEO:杉原 博茂、以下「ジオテクノロジーズ」)は、この度、移動するだけで報酬が貯まるM2E(Move to Earn※1)アプリ「トリマ」上で、日本初※2となるピンポイント精度でのアンケート調査「トリマリサーチ」を提供開始することをお知らせいたします。

「トリマリサーチ」は、現在約510万人のアンケートモニターに対して、エリアを特定してピンポイント精度で、来訪・来場・来店・滞在など「そこに居た事実に基づいたアンケート調査」を実施可能とするサービスです。

そこに居たという事実のみならず、居た目的やその場で認識したものなど、理由や動向なども調査する事が可能となります。位置情報によるスクリーニングから、アンケートの配信、回収までをジオテクノロジーズ単独で提供できるので、スピーディーに回答結果を得られ、また、「トリマ」内で報酬を得られることもあり、積極的な回答協力が得られるという特徴もあります。

  • ※1.M2E(Move to Earn)とは言葉の通り、移動する事で報酬を得られる仕組み全般を意味しています。
  • ※2日本初とは、ピンポイント精度での位置ベースアンケートを1社単独で提供できることです。(自社調べ)

トリマリサーチ

「トリマリサーチ」ロゴ

サービス提供の背景

昨今、人流データを利用した位置情報活用が進む中で、店舗やイベントの来場者の「居た」、「訪れた」という事実に基づくアンケート調査の相談件数が増加してきました。

  • 「イベントに参加された方を抽出し認知経路や来場動機、満足度等ご意見を集めたい。」
  • 「屋外広告を視認された方に認知度を調査したい。」
  • 「来店されたが購入されなかった方の来店目的や購買意向を確かめたい。」
  • 「特定の場所に来た方へ販促をしたい。」

このようなビジネス課題では、「現地でアンケート調査をするにも人手を必要とする上、回収できるサンプル数にも限界がある。」、「来場の有無を事前調査していては費用がかさむ上に、結果を得るまで時間がかかる。」などと問題を抱えています。「トリマリサーチ」が持つ位置情報を活用し、モニターをスクリーニングできる能力と早くて高い回収能力により、これまで抱えてきた問題点を解消しマーケティング担当者が抱える課題解決に寄与いたします。

「トリマリサーチ」の特長

位置情報を用いたスクリーニング能力と高い回収能力により企業活動におけるエリアマーケティングや自治体による地域観光等を最大限に支援いたします。

  1. 高精度な地図データと位置情報に基づいたアンケート調査が可能

    移動距離に応じてマイル(報酬)を付与するアプリ特性を活かし、来訪歴や滞在歴など場所を指定した(または「居た事実に基づく」)スクリーニングをすることができます。
    自社で保有している高精度な地図を利用するため、建物や道路の位置と人の動きを的確に抽出し、正確な条件設定を行うことが可能です。

    高精度な地図データと位置情報に基づいたアンケート

    高精度な地図データと位置情報に基づいたアンケート

  2. 約510万人のアンケートモニターに調査が可能

    2022年6月時点で累計970万ダウンロードを超えた「トリマ」では、抱えているアンケートモニター約510万人に対しアンケート調査が可能です。

  3. 若年層にアンケート調査が可能

    「トリマ」は20代30代をボリュームゾーンとしつつ、10代の利用も多いため、一般的にアンケートの取得が難しいといわれている若年層への調査も実施可能です。
    一日あたりの起動回数が平均7回と非常に接触頻度の高いアプリであることと、アンケートに回答したユーザーにはアプリ内でマイル(報酬)を付与するため、24時間で10万サンプル数を回収するなど、高い回収率を実現しています。

    モニターデータ

    モニターデータ

活用シーン
  • 自店舗、他店舗に対する満足度調査
  • イベント来訪者への効果検証
  • 屋外広告の効果測定
  • 観光地に訪れた観光客の動態調査
“移動するだけで報酬が貯まる”Move to Earnアプリ「トリマ」について

歩く、走る、移動する事で報酬を獲得するM2E(Move to Earn)のコンセプトのもと、2020年10月にローンチし2022年6月時点で、970万を超えるダウンロードがされ好評を博しているM2Eアプリ「トリマ」は、歩数だけでなく移動距離に応じてマイルが貯まるため、通勤や通学、お仕事など日常的に移動が多い方に最適 なM2Eアプリです。貯まったマイルは現金、Amazonギフト券やTポイントに交換可能です。
「本アプリを使うようになって意識的に歩くようになった」など、コロナ禍におけるユーザーの健康増進にも貢献しています。

トリマ

ジオテクノロジーズ株式会社(旧インクリメントP株式会社)について

1994年にカーナビ用のデジタル地図事業をスタート、カーナビや法人向け地図データ・位置情報ソリューションの提供のほか、「トリマ」や「MapFan」ブランドによる個人/法人向け地図サービスを提供し、直近では高度な自動運転の実現に不可欠な高精度地図の提供も行うなど、地図のメジャーカンパニーとして日本の地図業界を牽引しています。

私たちジオテクノロジーズは、現実世界の膨大な変化点をスピーディに収集、抽出、更新する独自の地図制作技術やノウハウを駆使して、高鮮度・高精度・高品質な地図の提供を実現するとともに、その地図を中心として位置情報/人流データをはじめとする多様かつ膨大なビッグデータと、地球(Geo)に関わる様々なデータに最先端技術を融合させることにより、予測(Prediction)可能“Geo-Prediction(ジオプリディクション)”な世界を生み出し、メタバースのリーディングカンパニーとして地球を取り巻くさまざまな社会課題の解決に貢献していきます。

本社所在地 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス
代表者 代表取締役社長 CEO 杉原 博茂
設立 1994年5月1日
事業内容 オートモーティブビジネス(高精度3D地図、ナビゲーション向け地図データ、コネクテッドサービス、モビリティサービス向けソリューション)
GISビジネス(地図アプリ開発キット、デジタル地図データベース、Web・業務システム向け地図API、MapFan、MapFanAssist)
アプリケーションビジネス(トリマ、トリマクーポン、トリマリサーチ、住所確認サービス、人流分析サービス)