GeoTechnologies

  • 会社概要
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • ENGLISH

最新情報 news

法人・個人共通 2022年6月24日

「トリマリサーチ」、独自に参議院議員選挙の意識調査を全国規模で実施
58.1%が投票へ行くと回答、支持政党は自民党・日本維新・立憲民主が上位
~47都道府県から均一に7474件を6時間で回収、圧倒的なスピードで意識調査を実現~

ジオテクノロジーズ株式会社は、日本初となる圧倒的なスピードとピンポイント精度で人々の意識調査ができる 「トリマリサーチ」クラウドサービスを21日より提供開始しております。このたび、この「トリマリサーチ」を利用し、「参議院選挙のおける意識調査」をジオテクノロジーズが独自に実施致しまたので、その結果をお知らせいたします。

各都道府県から均一に100件以上、総回答数7474件を6時間以内に回収することができ、圧倒的なスピードでの調査を実現しました。

※参考
トリマリサーチ提供開始プレスリリース:https://geot.jp/business/20220621.html
トリマリサーチのサービス内容:  https://www.research.trip-mile.com/ 

■調査の背景

2022年725日の任期満了に伴い、参議院議員選挙が行われるため、「トリマリサーチ」を活用して参議院議員選挙についての意識調査を実施しました。


■調査結果のサマリ

調査の結果、2022年の参議院選挙に投票すると回答したのは約6割を占め、最も高い結果となりました。
野党では、大阪や奈良で日本維新の会が支持率を集め、最も注目されていることが明らかになりました。

• 7474回答数のうち、「投票に行く」と回答したのは58.1%と最も高い。
• 「自由民主党」(32.0%)が最も高く、次いで「日本維新の会」(10.2%)、「立憲民主党」(7.2%)の順である。
 ※「その他」(29.0%)は除く。
• 野党では日本維新の会が、大阪や奈良などで最も支持率を集めた。
• 男女10代~20代(Z世代)の間では国民民主党の支持率が高い傾向が見られる。


■調査結果の詳細

Q1.あなたは2022年参議院選挙に投票するつもりですか?
・約6割(58%)が投票すると回答。
・約1.5割(16%)は投票しないと回答。

[Q1.あなたは2022年参議院選挙に投票するつもりですか?]

 


Q2.
あなたが支持する政党をお選びください。
・「自由民主党」(32.0%)が最も高く、次いで「日本維新の会」(10.2%)「立憲民主党」(7.2%)の順である。
※「その他」(29.0%)は除く。

[Q2.あなたが支持する政党をお選びください。]

 


■都道府県別 各政党支持率の割合
・青森県、島根県、山口県では約4.5割が「自由民主党」と回答。
・大阪、奈良では約3割が「日本維新の会」と回答。

[都道府県別 各政党支持率の割合]



■年代別割合 各政党支持率の割合
・男女10代~20代(Z世代)の間では国民民主党の支持率が高い傾向がある。

[年代別割合 各政党支持率の割合]


【調査について】

トリマユーザーを対象にした調査

調査対象:各都道府県の18歳以上~70歳以下の男女
実施時期:2022622() 18時~24(6時間)
有効回収数:7474サンプル

※全国の人口構成比に合わせてウェイトバック集計
47都道府県ずつ100サンプル以上回収

■お問い合わせ

「トリマリサーチ」に関するお問い合わせ先: https://www.research.trip-mile.com/


■圧倒的なスピードとピンポイント精度で人々の意識調査ができる「トリマリサーチ」について

「トリマリサーチ」は、現在約510万人のアンケートモニターに対して、エリアを特定してピンポイント精度で、来訪・来場・来店・滞在など「そこに居た事実に基づいたアンケート調査」を実施可能とするサービスです。

そこに居たという事実のみならず、居た目的やその場で認識したものなど、理由や動向なども調査する事が可能となります。位置情報によるスクリーニングから、アンケートの配信、回収までをジオテクノロジーズ単独で提供できるので、スピーディーに回答結果を得られ、また、「トリマ」内で報酬を得られることもあり、積極的な回答協力が得られるという特徴もあります。

■“移動するだけで報酬が貯まる“Move to Earnアプリ「トリマ」について


歩く、走る、移動する事で報酬を獲得するM2E(Move to Earn)のコンセプトのもと、202010月にローンチし20226月時点で、970万を超えるダウンロードがされ好評を博しているM2Eアプリ「トリマ」は、歩数だけでなく移動距離に応じてマイルが貯まるため、通勤や通学、お仕事など日常的に移動が多い方に最適 なM2Eアプリです。貯まったマイルは現金、Amazonギフト券やTポイントに交換可能です。
「本アプリを使うようになって意識的に歩くようになった」など、コロナ禍におけるユーザーの健康増進にも貢献しています。